銀行カードローンの基礎知識

そもそも銀行カードローンとはいったいどのようなものなのでしょうか。
私たちの身近にはさまざまなお金を借りるための金融商品があります。
住宅ローンや自動車ローンアドの大型のものから、クレジットカードの分割払いも厳密に言えば後払いであり借り入れをしている状況です。
クレジットカードのキャッシング枠もあります。
お金を借りる手段はいろいろとありますが、銀行カードローンがどのようなものなのかよく理解できていなければ利用は安全ではなくなります。
カードローンには銀行だけではなく消費者金融もあります。
消費者金融はキャッシングと呼ばれることが多くなっていますが、発行されたカードを利用して借り入れを行うことからカードローンに分類されています。
・個人向け融資
・資金使途自由
・無担保
・保証人不要
これがカードローンです。
資金使途としては自由とはなっているものの、原則自由と考えておきましょう。
消費者金融ではそれが生計費に限るとなっていることもあり、基本的には事業性のある融資は消費者金融でも銀行カードローンでも除かれています。
目的がはっきりと決められている住宅ローンや自動車ローンとは違い、また多目的ローンのように資金使途を明確にしたものでなければならないローンとも違い、融資限度額が決められその範囲では自由に借り入れができるものです。
例えば借入希望金額を3万円にしたとしても30万円が融資限度額として決まるとその範囲はいつ、いくら、何回借り入れをしても自由となります。
担保保証人不要は今では一般的なこととなりました。
別段珍しいものではありません。
かつてカードローンでも保証人をつけなくてはならなかったものです。
保証人になったことで人生が大きく変わってしまった、そのようなことはメディアでもよく取り上げられ注意喚起がなされていました。
保証人になることを簡単に考えることはできません。
万が一、契約をした債務者本人の返済ができなくなったとすれば、自分の債務でもない金額を保証人は返済をしていかなくてはなりません。
保証人になることは例え少額でも躊躇するもの、これからカードローンの申し込みをしたいと思っている方の大半が、カードローン業者選びよりも先に保証人探しを優先していました。
現在は保証人が必要ありません。
ただし銀行カードローンでは保証人は必要がないものの保証会社の保証があります。
自由に借り入れができる、それもカードローンの特徴です。
審査で決められた、貸し付け可能と判断された範囲、それが融資限度額です。
利用限度額や限度枠と呼ばれることもあります。
カードローンの融資限度額は審査によって決まりますので千差万別です。
年収による収入、家庭の状況などによる支出、他社からの借り入れ金額などさまざまな点から考慮されて貸し付けても返済が可能とされる金額が融資限度額として決まります。
しかし、どれほど年収が高くても、どれほど支出が少なくても、初めてのカードローン申し込みで高額な融資限度額が決まることはありません。
20万円前後から30万円ほど、その範囲が初回融資限度額に設定されることが多くなっています。
借り入れをしたら返済をしなくてはなりません。
カードローンの返済はリボ払いが基本です。
リボ払いとはリボルビング払いです。
一括で返済をするのではなく分割で返済をしていきます。
基本的なリボ払いは毎月の返済額が固定になりますが、カードローンではリボ払いを変化させた返済方式を採用しています。
例えば最も多いのは残高スライドリボルビング返済方式です。
借入残高に応じて返済額が変わります。
とはいっても、返済額は固定の返済額ではなく最低返済額として決められていることが多くなり、最低限返済しなければならない金額とはなっているもののそれ以上の返済は自由とされています。
銀行カードローンによってその仕組みはことなりますので確認するとよいでしょう。
カードローンはこれまで消費者金融が最も一般的な形となっていました。
銀行カードローンも実は同じ形で利用ができるのだということが知れ渡ったのはごく近年のことでしょう。
消費者金融よりも低い金利で借り入れができ、それだけに返済に関わる負担も少ないとして選ばれるようになってきました。
しかし、低金利とされている銀行カードローンでもその使い方や仕組みを理解していなければ万事が万事安全に利用できるとは限らないものです。
銀行カードローンを利用するときに必要な基礎知識を学んでいきましょう。

関連記事

Categories: お金 Tags: